建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介

おすすめの土のう

土のう袋

水で使う土のう

自然現象を起因とする災害が多発する日本にあって、特に例年のように発生する被害が水害です。洪水や高潮といった大きな災害だけでなく、建造物への浸水のように身近な災害も含めると、雨量の増える夏季には全国各地で被害が報告されます。浸水は一見すると災害として軽微なものに感じられますが、電気機器の故障や構造や内装が水に浸かる事によって損傷し、リフォームが必要になる場合もあります。ただ浸水被害は個人的な対策によってある程度防げる災害であり、公共設備だけでなく民間の事業所でも普段から対策を行っておくのが必須です。建造物への浸水を防ぐには第一に水の流れをせき止める必要があり、対策として一般的に止水板か土のうが用いられます。特に土のうは止水板のように事前にシステムを導入しておく必要が無く、土のうを購入して備蓄して置くだけで対策となる手軽さから、幅広く利用されています。土のうには古くからある土砂を入れて使うものと、吸水土のうという水で利用する土のうがあります。吸水土のうは水を含ませると大きく膨らみ、重さも増して土のうとして使えるようになります。水以外必要とせず都市部などでも利用できますし、土のうからの土砂の流出による汚れも防ぐことが出来ます。一般的な土のうの場合は水害が発生してから用意するよりも、土砂をあらかじめ詰めた状態で保管して、水害の際にすぐ使えるようにしておく必要があります。この場合保管にどうしても場所をとってしまいますが、吸水土のうであれば、水害が発生してから用意しても間に合うので保管の場所をとりません。廃棄についても容易で、水を含んだ吸水土のうに専用の処理剤を加えれば、水を分離させることが出来て下水とゴミに分けられます。産業廃棄物にならず、処理費用も抑えられます。

Copyright© 2017 建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介 All Rights Reserved.