建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介

災害時の対応に

作業員

従来型より簡単に使える

吸水土のうとは、従来型の土を入れる土のうではなく、水を吸わせて使う土のうのことです。日本は世界的に見ても多雨地域として知られています。さらに国土の70パーセントが山地であり、国土面積が狭く大河がないことから河川は急峻になり、ちょっとした大雨でも氾濫などの水害が起きやすい地域なのです。このような事情から、従来より土のうなど水害対策の必要性は言われてきました。土のうは、物理的に川縁の高さを増すことで、河川の氾濫を防ぎ、河川から水が溢れるのを防ぐ目的があります。吸水土のうであっても、基本的な目的は同じです。ですが、従来型の土のうは、使うときになってから土を詰めなければならないという手間がありました。土を詰めておいてもよいのですが、それでは運ぶのが重たくなりますし非災害時は非常に邪魔になります。大雨の中土を詰めるという作業がいかに大変で時間がかかるかは想像に硬くないでしょう。その点、吸水土のうならば五分間ほど水を吸わせるだけで使用可能となります。しかも土と違い、水害時の水は周囲に溢れかえっているので、水の調達先を考慮する必要もありません。使用が終われば水を抜いて非常にコンパクトに収納できるので保管も簡単です。このようなメリットから、吸水土のうは近年あちこちで採用されだしてきています。自治体などでも取り入れられだしており、個人宅でも備えはじめる人が増えています。そうしたニーズに合わせて各社からバラエティー豊かな商品展開がされるようになってきており、選択肢も増えてきています。

Copyright© 2017 建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介 All Rights Reserved.