症状をしる

マスクと薬と体温計

腸閉塞(医学用語=イレウス)とは、幾つかの原因によって、腸の一部が狭くなり、腸内に入ってきた食べたものが詰まってしまい、肛門側への通過が行われずに排泄されなくなる病気です。 腸閉塞の症状は、主に腹痛やお腹が膨れたり、嘔吐を繰り返します。時には下血を伴う事もあり、更に脱水症状が悪化している場合は、飲み食いが一切もできませんから点滴による治療を開始します。 通常の診断の流れは、所見の診察や過去の病歴から腸閉塞の疑いが持たれたら入院する事になります。腹部のX線撮影、血液検査、超音波検査、CT(断層写真撮影)検査、内視鏡検査等閉塞部分と通り口側を拡張して腸管の状態を確認します。 入院時は、鼻から胃と腸にチューブを通して、溜まった液体を排出して、胃腸内を減圧して改善を図ります。

腸閉塞は、高齢者であれば、大腸がんといった腸の腫瘍による閉塞が多いのですが、ほかにも腹部手術後の癒着によるものもあり、この場合は、退院後の食事方法について細かい指導や規制があります。 イレウスの主なものは、その原因によって2種類に区分されます。 機能的腸閉塞は、腸に繋がる神経系の以上や炎症の影響によって、腸の動きに支障をきたし、肛門へ排泄が難しくなります。腹膜炎の悪化や、神経系にダメージがある場合に発症しやすいです。 機械的腸閉塞は、腹部の手術によって腸が癒着して、捻じれや歪曲が生じたり、腫瘍で腸内が塞がれてしまった事が原因で発生しやすく、場合によっては腸が閉塞した為に、血流が絶たれる事もあります。脱腸(ヘルニア)が填まったりして深刻なフェーズになりやすく、緊急手術を要します。 また先天性の病気が原因で出生直後からイレウスが前もって判っている時は、早急に治療を行います。