建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介

建築現場を彩る

建設現場

優れた広告効果

ビルなどの建築工事現場では、工事中に建物の周囲に養生シートと呼ばれるものを張り巡らせます。工事中は作業員が様々な工具を扱っていることが多く、誤ってそれらを落下させる恐れもあります。養生シートが張り巡らされていれば、落とした工具も通行人に当たらないという仕組みです。養生シートは基本的には単色のものが多かったのですが、それに替わって登場したのがイメージシートと呼ばれるものです。イメージシートは養生シートに色やデザインをプリントしたもので、見る人にメッセージを伝えられるのが特徴です。具体的な使い方としては、会社のロゴなどの印刷があげられます。工務店や建築会社の名称をイメージシートにプリントすれば、どこの会社が建設しているのかが見た人に伝わり宣伝的な効果が期待できます。知名度の低い会社であれば会社名を知らしめる効果が期待できる他、建築技術を知ってもらう役割もあります。電話番号やメールアドレスなどの連絡先をプリントすることも可能で、新たな顧客開拓にもつながる可能性があります。制作を依頼する企業が、養生シートとは違う点もイメージシートならではの特徴です。養生シートの場合は業務用の資材を扱っているお店で購入できます。どれを選んでもそれほど違いはなく、通常は価格の安さだけを見て選びます。一方でイメージシートの場合、看板などを作っている会社に制作を依頼することになります。依頼する会社のデザイン力や使われるインクなどによって品質が変わるのも、イメージシートの大きな特徴と言えます。

Copyright© 2017 建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介 All Rights Reserved.