建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介

土なしで使える土のう

土嚢袋

都市型水害に備える

土のうと言えば、土木作業の現場などで地盤を固めたりするのに用いる資材としておなじみです。また、台風などの自然災害の際には浸水を防ぐための防災用品としてもよく使われています。この土のうですが、名称の中に「土」という字が入っていることからも明らかな通り、本来は土砂を中に詰めて使用するものです。しかし中には、土砂をまったく必要とせずに使えるものもあります。それが吸水土のうです。吸水土のうは、土の少ない都市部などで使用するのに適した土のうです。通常時はどこにでもしまっておける1枚の薄い袋ですが、水に浸けると中に入っている吸水ポリマーが膨張し、3〜5分ほどで最大約50倍ほども重さが増加します。表面も堅固なブロック状になるため、そのまま積み重ねることで頑丈な土塁(正確には「土」塁ではありませんが)を築くことができます。一般家庭はもとより、商店やオフィスビルなどにおける水害対策グッズとして常備しておくと万が一の時に役に立ちます。吸水土のうを使用する際に気をつけるべきなのは、当たり前のことですが水を確保することです。手早く使用可能な状態にするには、水を上からかけるのでなく土のう全体を浸け込む必要があります。ある程度大きな浴槽のある家庭なら問題ありませんが、そうでない場合やオフィスなどで使用する場合は、大きめの水桶やバットなどを一緒に備えておくようにします。吸水土のうはホームセンターや防災用品の専門店などで入手できます。最近は通販サイトでも扱っているところが増えてきています。

Copyright© 2017 建築現場に必須なイメージシート!その特徴と魅力をご紹介 All Rights Reserved.