症状をしる

マスクと薬と体温計

腸閉塞(イレウス)は症状によって入院措置がとられ点滴治療や、緊急手術を要する事も少なくありません。先天性の病気により、出生直後から腸閉塞が予め把握している時は早急に治療を行います。腸閉塞は重い病気に分類され、必ず医療機関での治療を要します。

Read more »

病気を予防

花粉症

腸閉塞にならないためには、腸内環境を整えておく事も大切です。便秘改善策としては、有効なサプリメントなどを利用する事ができます。腸閉塞は、1970年代に病名が認識されたものです。現在では、サプリなどを利用して、便秘改善が予防策となっています。

Read more »

症状について知る

レントゲン写真

腸閉塞になってしまうと便秘の症状がひどくなってしまうことがあります。まずは薬で治療を進めていき、それでも治らないという場合は、手術を行う必要性が出てきます。そうすることで治療をすることができます。

Read more »


腸の病気

体調不良 シニア女性

腸閉塞という病気があります。先天的に腸の機能を遮断する症状があり、強い痛みを伴います。しかし、新生児は激しく泣くことでしかできず、周りの大人は見過ごすことさえあります。診断が遅れれば命をも危険に晒します。生まれた赤ちゃんは、生後1か月、3か月、半年の節目に検診があります。その検診の際に腸閉塞が見つかって治療が行われれば、その後の健康に影響が出ないで成長できます。しかし、検診の際に腸閉塞が見落とされることも屡あります。あまりに赤ちゃんが激しく泣いたりおう吐を繰り返すようであれば、新生児医療専門の病院で受診されることをお勧めします。レベルの高い病院ですが、診療は健康保険の範囲内で行っています。病院を受診する際は、掛りつけの医師の紹介状があれば、初診料が割り引かれます。

生後間もない赤ちゃんが腸閉塞を発症する原因は、先天的な病気に伴って機械的腸閉塞となるもので、先天性省庁閉鎖・狭窄が大部分を占めています。このような原因によって引き起こされる腸閉塞は、お腹の張や腹痛、時には下血の症状もあります。さらにひどい脱水症状を伴うこともあるので、点滴などによる十分な水分補給も必要となります。腸閉塞の治療としては、手術をする場合もありますが、原因により治療法も違ってきます。従って、正確な診断を下すために、胸部のX線検査やCT、血液検査などにより腸閉塞の詳しい状態を検査する必要があります。最終的に手術を行うケースは、腸管に血流障害が起こっている症状が認められた場合になります。